月お誕生日おめでとうな子達ぴかぴか(新しい)
日(・・)

日(・・)日(・・)

2012年03月27日

当犬舎の断尾の考えとこれからの事。

お久し振りですm(_ _"m)
すずっこが巣立って行って、みんなの幸せ報告ぴかぴか(新しい)をもらいすっかり安心しきり
ほっこりして、ここも更新せず…スミマセン(^ω^;lll)

今日は、断尾について…
私の考えと、これからの事をここに書いておきたいと思います。

断尾を調べると、書いて字のごとく”尾の一部または全部を切り取ること”と書いてあります。
ひらめきグリフォンが断尾や断耳をしていた意味は知っているでしょうか?
昔は作業犬だったグリフォン。ネズミを追いかけていたんでしょうね…

2012_03_271.jpg

断耳や断尾は作業犬として働いていた頃の名残で、
聴力を高めるためや大きい耳や尾を
ネズミに噛まれて負傷するのを防ぐという目的で行なわれていたそうです。

しかし今はグリフォンを作業犬として使う事もなくなり、
ネズミと接する機会もそうありませんよね…
グリフォンの断尾は必要が無いように思えるのです。

2012_03_23.jpg

最近、海外では『動物愛護』の観点から断耳・断尾を法律で禁止する国も多くなってきています。
私も実際に断耳・断尾を自分の目で見て来ました。
子犬の断尾をする時、いつも”切る必要があるんだろうか?”と思いながら
お願いしてきました。
子犬の苦痛な声を聴くたびに、自問自答…
しっぽが残っている事で、「これじゃ、グリフォンじゃない」って言われるだろうか???
でも、グリフォンに産まれた以上断尾は仕方ないのか???

2012_03_27.jpg

沢山、考えましたが自分の中でグリフォンの断尾の必要性が
今は必要のない事、と判断しました。
なので、2012年生れの子犬達からは断尾をしない事にします。

賛否両論はあるでしょうが…
海外のグリフォン達を見て下さい。

Pictures2.jpg

ありのままの姿の、素敵なグリフォン達が沢山います。
日本の断尾状況もきっと変わる事を信じたいです。。。

(*- -)(*_ _)ペコリ

かわいい断尾が必要だと思われる方は、我が犬舎の子犬はお譲りできません。

ニックネーム raimugina at 17:16| Comment(16) | 断尾について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする